記事タイトル

契約解除

契約解除の種類 
・解約手付による解除 
・契約違反による解除
・融資不成立による解除(ローン特約)
・引渡し前の滅失等による解除
解約手付による解除 
相手方が契約の履行に着手するまでは、買主は手付金を放棄することにより契約を 解除することができる。また、売主は、受領済みの手付金を無利息にて返還しかつ手付金と同額の金銭を買主に支払うことにより契約を解除できる。

契約違反による解除
各々その相手方が契約に違反し、かつ期限を定めた履行の催告に応じない場合、売主は既に受領済みの金銭を返還し、買主は既に支払済みの金銭を含め、売主も買主もその相手方に対して、売買代金の20%を違約金として支払うことにより契約を解除できる。

融資不成立による解除(ローン特約)
本契約は、買主が利用する金融機関の住宅ローン借入を条件として締結するものであって、買主の責任によらず、住宅ローン借入不可能となった場合、売主又は買主は契約を解除できる。この場合、売主は既に受領済みの金銭を買主に返還する。

引渡し前の滅失等による解除
引渡し前の滅失とは、売買契約締結後、対象不動産が売主様から買主様へ引渡される前に、天災地変(火災、地震、台風など)等により文字どおり無くなってしまうことや、使用できない状態になってしまうことをいいます。 
統一売買契約書では、売買契約締結後、売主様、買主様の責任によらない天災地変等により対象不動産が滅失または毀損(一部の滅失)してしまったときは、売主様、買主様は売買契約を解除するか、続行するかの選択ができることになっています。
 なお、契約を続行する場合は対象不動産の毀損箇所について売主様に修復義務が発生します。 

天災地変等により対象不動産が滅失または毀損し、売買契約が解除となったときは、売買契約前の原状に回復することが必要であり、売主様は、買主様から受領した手付金等の金銭を全額すみやかに返還しなければなりません(違約金は発生しません)。

このページの上に戻る▲

スマイルライフ 貝塚不動産