記事タイトル

重要事項説明

重要事項事項説明とは宅地建物取引業者が、賃貸借契約の締結に先立って、買主・借主に契約上の重要な事項を宅地建物取引業第35条に基づき説明をすること。
重要事項説明の際に宅地建物取引業者が買主・借主に対して交付する書面を「重要事項説明書」といいます。

 不動産の買主・借主は、契約しようとする物件に対して充分な情報を持っていない場合が多く、不動産に関する法律知識が不十分なため、思わぬ損害を被る可能性があります。 このため、宅地建物取引業法第35条では、「売買契約・賃貸借契約」を締結する前に、不動産取引を媒介する宅地建物取引業者が買主・借主に契約上の重要な事項を説明するように法律で義務付けています。
 
重要事項説明にあたっては、買主・借主に対し宅地建物取引主任者証を提示して宅地建物取引主任者本人が行わなければなりません。説明する内容は全て書面にし、重要事項説明書として宅地建物取引主任者の記名・捺印をして買主・借主に交付されます。これは、一定以上の知識経験を有すると認められる有資格者(宅地建物取引主任者)が説明することにより、買主・借主に誤った説明がされないよう配慮されているものです。

このページの上に戻る▲

スマイルライフ 貝塚不動産