記事タイトル

中国から飛んでくるPM2.5

 最近、ニュースで中国の大気汚染物質が日本に飛んでくるという話を耳にします。

いったい何が飛んでくる来るのかと調べてみました。
「PM2.5」と呼ばれる浮遊粒子状物質で、粒径2.5μm以下の小さなものを微小粒子状物質「PM2.5」と呼ぶらしいです。
微小粒子状物質は粒径がより小さくなることから、肺の奥深くまで入りやすく健康への影響も大きいということです。
実際にそんなものが空気中を飛んでると想像すると、外に出るのが怖くなりますね。

3月から、6月頃にかけて中国から黄砂と共に大量のPM2.5が飛来する恐れがあり、首都圏にも影響がでるかもしれないと聞きました。
マスクが必需品になると思うんですが、ドラッグストア等で売っているマスクでは防げず「N95タイプ」というマスクでないと効果がないみたいです。
ホームセンターに売っているらしいので、売り切れになる前に早めにチェックしに行こうと思いました。
N95マスク
 

このページの上に戻る▲

スマイルライフ 貝塚不動産