記事タイトル

住宅ローン減税、延長へ

2014年4月からの消費税増税による住宅購入希望者の負担への対策という事でしょうが、消費税増税前に購入するか、増税後の住宅ローン減税を利用するべきか住宅購入を検討している人にとって悩みどころだと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自民・公明両党はこのほど、住宅ローン減税の延長などを盛り込んだ2013年度税制改正大綱をまとめた。


13 年末で期限が切れる住宅ローン減税について、14年から17年末まで4年間延長する。また、消費増税の負担軽減を目的に内容も拡充し、14年4月から17 年末までの居住開始者については、現行20万円の年間控除限度額を40万円に引き上げる。住民税からの控除上限額も、9.75万円から13.65万円に拡 大する。10年の控除期間と控除率1%は現行のまま。なお、消費増税の影響を受けない14年1〜3月の居住開始者については、年間控除限度額を20万円の ままとした。

増税負担の軽減策として大きな目玉であった「給付措置」については、「税制措置とあわせた全体の財源を踏まえながら検討を進め、遅くとも今夏までには内容を示す」としている。
                                  (住宅新報より)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

住宅ローン減税には適応要件がありますので、その要件を満たさない限り税金は控除されません。
あたりまえですが、住宅ローンを利用することも前提です。

要件を満たさない方は、増税前に購入したほうが安く購入できることになりますが、一生に一度の大きな買い物を焦って行動するのはお勧めできません。
逆に購入が決まっていて、時期を悩んでいる方にとっては良いきっかけになるのかなとも思います。

いずれにしても、高額な買い物になりますので慎重に検討しなくてはいけませんね。

 

このページの上に戻る▲

スマイルライフ 貝塚不動産