記事タイトル

建ぺい率、容積率とは

建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合のことです。

容積率
とは敷地面積に対する建物の延床面積の割合のことです。
建ぺい率
 

建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合のことです。つまりその敷地に対してどれくらいの規模の建物が建てられるか、また、逆にどれくらいの空き地を確保しなければならないのか、という割合のことで用途地域ごとに制限されています。 建ぺい率が高ければ敷地いっぱいに建物を建てることが可能です。逆に低ければ敷地に空いているスペースを多く設けなければいけません。住居系の用途地域は比較的建ぺい率が低く、商業系の用途地域は建ぺい率が高くなっています。

容積率

容積率とは敷地面積に対する建物の延床面積の割合のことです。つまり、その敷地に対してどれくらいの規模(床面積)の建物が建てられるか、という割合のことで、これも建ぺい率と同じく用途地域ごとに制限されています。 例えば敷地面積が200屬罵得冦┐15/10(150%)の場合は延床面積すなわち1階2階の床面積の合計で300屐200屐15/10)建てることが可能です。この場合例えば、1階床面積150屐2階床面積150屬侶物が建築可能となります。 この「容積率」が高ければ高いほど、大きくて広い建物が建築可能です。住居系の用途地域は容積率が低く、商業系の用途地域は容積率が高くなっています。大きいビルや高いビルなどは、ほとんどの場合商業地域に建っています。 ※建ぺい率、容積率の数値は市町村役場にて確認できます。

このページの上に戻る▲

スマイルライフ 貝塚不動産