記事タイトル

住宅購入時に購入価格以外の諸費用はどのくらいかかるのですか?

マイホームを取得した際には、住宅ローン以外にも下記のようなさまざまな費用がかかります。諸費用の総額は、購入価格の5〜10%が目安になり、原則として自己資金で用意するのが一般的です。また、固定資産税などのように、毎年支払う費用もあるので、返済計画を立てる際には注意が必要です。
必要な諸費用の項目
 
印紙代
 契約印紙代(売買契約書に貼付する印紙税)

 記載された契約金額が            

 1万円未満              非課税

 10万円以下            200円

 10万円を超え50万円以下         400円

 50万円を超え100万円以下        1千円

 100万円を超え500万円以下        2千円

 500万円を超え1千万円以下         1万円

 1千万円を超え5千万円以下     1万5千円※

 5千万円を超え1億円以下        4万5千円※

 1億円を超え5億円以下        8万円※


 ※ 平成25年3月31日までの間に作成される契約書について印紙税の税率が軽減されています。
[平成24年4月1日現在法令等]

 詳しくはこちらを参考にしてください
        ↓


登記費用
 不動産の移転登記費用
 保存登記費用(新築物件)
 表示登記費用(新築物件)
 抵当権設定費用(ローンを使う場合)
 司法書士の報酬料
 土地家屋調査士報酬料(表示登記)

仲介手数料

宅地建物取引業者の報酬額の上限

 売買価格 200万円以下・・・売買価格の5%+消費税
 売買価格 200万円を超え 400万円以下・・・売買価格の4%+2万円+消費税
 売買価格 400万円を超えるもの・・・売買価格の3%+6万円+消費税

 
住宅ローン借入時の費用

諸費用は金融機関や契約内容によって異なります
 
 ローン契約書の印紙代
 事務手数料
 ローン保証料
 火災保険料
 団体信用生命保険料(フラット35の場合)

固定資産税精算金

 固定資産税の精算=1月1日を起算日として日割り精算をさせて頂きます。

 
不動産取得税

 不動産の価格(課税標準額) × 税率 = 税額(軽減措置有)

 不動産取得税の軽減について参考にして下さい。 
        ↓


その他、引っ越し代などもかかってきます。


このページの上に戻る▲

スマイルライフ 貝塚不動産